還暦祝いとちゃんちゃんこ

・日本では古くからの伝統文化として、還暦をはじめ長寿をお祝いする習わしがあります。長寿祝いのひとつ、還暦は、人生で一度きり。記念であると同時に、新たな暦を刻むスタート地点です。

・お祝いに喜ばれる贈り物や還暦以外の長寿祝いに関しても紹介します。

・ぜひ最後まで読んで、素敵な還暦祝いの日にお役立てください。

還暦祝いとは

鶴亀香合

長寿祝い(賀寿)は、年齢の節目におこなうお祝いです。そのひとつである還暦は、干支(えと)に深い関係があります。一般的には干支というと十二支(じゅうにし)、12種類の動物を連想します。干支を正しく呼ぶと、十干十二支(じっかんじゅうにし)。十干は、「甲(きのえ)」から始まり「癸(みずのと)」で終わる10の要素でひと巡りします。十二支の「12」と十干の「10」。最初の年をひとつずつ当てはめていくと、11年目から組み合わせがずれていきます。暦の組み合わせは、60年でひと巡り。つまり、60年ではじまりの暦に還ります。60歳の誕生日を迎えた方が、生まれた年に暦が還ることを「還暦」としてお祝いするようになったのです。

還暦祝いの赤いちゃんちゃんこ

還暦祝いでは、赤いちゃんちゃんこを身にまとう風習がありますね。「ちゃんちゃんこ」は本来、小さな子どもが着る袖なしの羽織ものです。赤いちゃんちゃんこには、「赤ちゃん」の意味が込められています。干支がひと巡りし、産まれたときに還ることをあらわす還暦。これからの人生に、厄災が降りかからず過ごせるように願います。赤色はかつて、赤ちゃんの産着に使われていた色です。赤色には「魔除け・厄除け」の効果があると昔から信じられてきました。また神社の鳥居に、赤色が使われているのも魔除けのためです。近年では「情熱」や「積極性」などのエネルギーを発する色として、健康で元気に暮らせるようにと赤色に思いを込める考え方もあります。

還暦を祝う意味

還暦が長生きの証とされていたのは、平均寿命が短く60歳まで生きることが難しかった時代です。かつての日本では、生まれた瞬間から1歳としてカウントする数え年が使われ、61歳になる方が還暦の対象でした。

ひと昔前までは長寿とされていた60歳。現代では働き盛りの方も多く、高齢者に含まれません。満60歳の誕生日を迎えた方をお祝いするのが現代の主流です。

60歳は人生の節目となる年。現代の還暦祝いでは長い年月を生き、干支が、生まれ年に還ったことをお祝いします。還暦は新しい出発点です。今後のライフスタイルを見直したり、老後の計画を考えはじめたりします。ご家族やご親せき、親しいご友人が集まってお祝いの席を設ければ、充実した人生の再スタート地点として記念になります。

還暦祝いのプレゼント

還暦は、一生に一度の大切なお祝いです。喜んでもらえる特別なプレゼントを贈りましょう。世はまさに長寿社会。近く定年を迎えるとはいえ、現代の60歳は高齢と呼ぶには早い年齢です。現役で活躍されている60歳の方も多いので、年齢を意識させないプレゼントがおすすめです。還暦祝いのプレゼントを選ぶときは、性別や相手との関係性を考えるのも大きなポイントといえます。日頃からの感謝や気持ちを添えて、素敵なプレゼントを選んでください。

還暦祝いで喜ばれるプレゼント

還暦祝いには赤色アイテムを贈るのが定番です。しかし、赤色にこだわる必要はありません。お花を好む方には花束。お酒を嗜む方にはビールジョッキやグラス、銘酒も人気です。なかでもプレゼントには「名入れ」がおすすめ。世界にひとつだけという特別感があり、一生に一度の還暦祝いにはぴったりです。さらにプレゼントにお祝いメッセージを添えると、より気持ちが伝わりますね。物ではなく、旅行や体験などをプレゼントとして贈ることも喜ばれます。

さらにサプライズ感を狙うのであれば「60年前の新聞」を贈ってはいかがでしょう。過去の新聞は、ウェブサービスを利用して取り寄せられます。ただし、このとき注意すべきは「60年前の誕生日翌日」の新聞を贈ること。誕生日当日の紙面には「生まれる前日」のニュースが書かれているので気をつけましょう。

還暦祝いの相場

プレゼントを贈るとき、気になるのは相場。
複数名でお祝いするとき、兄弟や同僚など相手との関係性が同じ場合は金額を合わせるのが一般的です。差が出ないように金額を合わせることで、後々のトラブル回避にもなります。ご家族やお仲間内で予算を定め、豪華なプレゼントを贈るのもおすすめです。

お祝いの席に集まるご家族やご友人との打ち合わせが難しい場合は、以下を参考にしてくださいね。
• 両親:1~5万円
• 兄弟姉妹:1~2万円
• 上司・先輩:5千円~1万円
プレゼント選びは気持ちが大事です。相場にとらわれすぎず、好みや普段の会話から相手を思って選べば喜んでもらえます。

還暦祝いに贈るプレゼントのマナー

還暦祝いは人生の節目。近しい間柄なら気にしなくてもよい場合もあります。喜ばれるプレゼントは受け取る側の趣味嗜好によるので、必ずしも守るべきものではありません。しかし、世代が離れていると風習の考え方にずれが生じることも。お祝いの席で失礼がないよう、還暦祝いのプレゼントを選ぶ際に気をつけたいマナーの例は以下のとおりです。

  • 靴・下着:「踏む行為」が連想され見下していると捉えられる
  • かばん:年上の方に「勤勉さ」を求めることは失礼にあたる
  • ハンカチ:手布(てぎれ)が「手切れ」を連想

メッセージカードを贈る際も「老い」「散る」「終わる」など、年齢を感じさせる言葉には注意しましょう。堅苦しい言葉を並べたものよりも、気持ちがこもったメッセージを受け取るほうが嬉しいものです。なかには赤色のプレゼントが恥ずかしい方もいます。相手がどんな人物なのかよく考え、贈る言葉やプレゼントにも配慮しましょう。

還暦以外の長寿祝い

ちゃんちゃんこ

寿祝いには、還暦のようにそれぞれテーマカラーが決まっています。

  • 還暦:61歳/赤
  • 古希:70歳/紫
  • 喜寿:77歳/紫
  • 傘寿:80歳/黄
  • 米寿:88歳/黄
  • 卒寿:90歳/白
  • 白寿:99歳/白
  • 紀寿(百寿):100歳/白

還暦の次にお祝いするタイミングは古希(こき)です。現代の60歳はまだまだ若いので、本格的な長寿祝いとなるのは古希からともいわれます。花むらでは、それぞれのテーマカラーに合わせたちゃんちゃんこを貸し出しています。赤・紫・黄・白など長寿祝いのちゃんちゃんこは、プレゼントとして贈るよりお祝いの日にレンタルして写真撮影するのがおすすめです。

花むらで思い出に残る還暦祝いを

成田で皆さまの思い出に残る、素晴らしい還暦祝いを。還暦祝いは、離れて暮らしているご家族やご親せき、仲のよいご友人が一堂に会して集まれる絶好の機会です。一生に一度のお祝いの席。特別な記念として、プロのカメラマンによる撮影も承っております。ゆったりとした個室をご用意できるので、皆さまだけのくつろぎの空間をご提供することが可能です。ご高齢の足の悪いお客様にはテーブル席もご用意できます。花むらのうなぎや彩り豊かな旬の懐石料理に舌鼓を打ちながら、和やかにご歓談をお楽しみいただけます。

ぜひ長寿祝いの席は、花むらにお任せください。

成田で慶事・法事ならこちらへ

タイトルとURLをコピーしました