花むらで懐石料理のデザート、びわゼリー

びわゼリー 

千葉県産びわ

枇杷ゼリー

梅雨の長雨、いかがお過ごしでしょうか?日本料理、日本の伝統的な物とは素材のあるがままの姿、形をそのまま頂くというのが、ある種、作る上での指針となっている所があります。そしてそこに極力手を加えないのが理想ですが、食べやすさや提供のしやすさを考慮して、この時期、花むらではコース料理の最後に日本の果物、そして千葉の名産品としてもイメージの強いビワのコンポートを提供しています。ビワの栽培が始まったのは江戸時代の中期頃で、千葉県の富津では宝歴元年に栽培が始まったと言われております。

びわの栄養素

枇杷

ビワには疲労回復に良いと言われるビタミンや、美肌や免疫力をアップしてくれるビタミンなどがバランス良く含まれています。また、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も含まれております。クロロゲン酸は、がん予防やウイルス疾病予防に効果があると期待されている成分です。そんなビワをコース料理を召し上がった後で、さっぱりと食べれるように仕上げました。

うなぎにもこの時期には必要不可欠なビタミン類や、ウイルスに負けない身体作りをするのに必要な抗酸化作用のある栄養素が沢山含まれております。うなぎと一緒にビワを召し上がっていただくことで、更に丈夫な身体をつくることができます。この時期ならではの食材を、召し上がっていただき、負けない身体作りをしていただければと思います。

 

成田で和食なら花むらへ

タイトルとURLをコピーしました